歯科では自分に合った最適治療ができる【歯も笑顔のキラピカ治療】

歯医者

健康的な歯をつくる

治療費を軽減するために

女性

「歯」への意識が高まる今日、多くの方が「健康的な歯」に憧れるようになってきました。今日では、「歯並び」の良さが多くの場面で利点になる傾向が強まり、整った歯並びへの意識が高まっています。 このような中、全国の矯正歯科では、歯列矯正を行なう方が増加しています。矯正治療を受ける方が増加する一方、治療を受けたいけれど「治療費」がネックになり、治療を断念している方も数多く存在します。この治療費を少しでも軽減するためにも、医療費控除を活用し、還付金を受ける手続きを忘れずに行なう必要があります。 矯正歯科で歯列矯正を受ける場合、医療費控除の対象になります。1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、税金の控除を受けることが出来るのです。矯正歯科での治療も、確定申告の際に申請すれば、還付を受けることが出来ます。治療受けたときの領収書やかかった交通費をメモしておく等、忘れずに控えておくことが大切です。

必要な矯正治療の費用は

矯正歯科で歯列矯正を受けると決めた場合、精密検査や治療方針等の説明を受けます。また、必要になる治療費や期間等の説明も行なわれます。矯正治療は保険診療が出来ないため、自由診療になります。患者さん1人1人の歯並びの状態や難易度、年齢等によっても治療費が異なるものです。各矯正歯科で治療費を決めることが出来ますが、全国的な平均価格というものがあります。通常の矯正治療費は、60万円から100万円前後必要になります。そして、1回の調整料として、2000円から5000円程度かかるのが一般的です。 治療費の支払い方法としては、一括納入が求められます。しかし今日では、クレジット払いが可能な矯正歯科医院もあり、治療費の支払い方法は多様化しています。