歯科では自分に合った最適治療ができる【歯も笑顔のキラピカ治療】

歯医者

歯医者で治療をする

最近の歯医者のイメージとは

白い歯

昔は歯医者といえば、「歯を抜いて治療をする怖いところ」というイメージがありました。特に小さな子どもたちは、歯医者に行くのを嫌がり親を困らせるものでした。治療が始まると、子どもの泣き声は当たり前だったのです。 しかし最近の歯医者は、院内も明るくスタッフも皆親切で、待合室には子どもたちが遊べるスペースがあり、絵本やおもちゃで溢れかえっています。 治療中も子どもたちが治療を怖がることのないように、ビデオ視聴をさせてくれるところもあります。 これらは、歯医者を始め保健所などを中心に歯科健診をすすめ、むし歯をできるだけつくらないように歯科指導してきた成果も表れてきたのでしょう。 定期健診を受けることでメリットも多いのです。

子どもたちにとっても楽しいところ

定期健診を受けると、むし歯も初期の段階ですから治療といっても痛くないので、子どもには歯医者という恐怖心を植え付けることなく、安心して治療を受けさせることができます。 また健診や治療をがんばったら、歯医者でご褒美をもらえる楽しみから、「歯医者に行けばいいことがある。」という思いにさせることもできます。 歯医者は怖いところではなく、たくさん遊べてお土産ももらえる楽しいところという存在になれば、喜んで歯医者にも行けるようになるのです。 そのためには、親がむし歯をつくらないように、仕上げ磨きをしてあげたり、定期健診に連れて行ったりして、歯の健康について意識を高める必要があるのです。 そうすれば、いずれ大人になっても歯を大切にする心が育つでしょう。